アートアンドシロップ | 展覧会
154
archive,category,category-exhibition,category-154,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,boxed,select-child-theme-ver-1.0.0,select-theme-ver-4.4.1,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.7,vc_responsive

『ナカムラクニオ Praying in Color 色に祈る』展のご案内

「Art and Syrup」では、2022年11月3日〜2023年1月5日に
ナカムラクニオさんによる新作展『Praying in Color 色に祈る』を開催します。
 
「色は、自然の美しさを抽出したエッセンシャルオイルのようなもの。
 古来から人間は、何かを祈るとき、伝えるとき、色に願いを込めてきました。
 花、雲、煙、風、地球、さまざまなカタチへと変化する、
 色彩に含まれた意味と物語を観る人それぞれが読み取っていただけたらうれしいです。」
 ーナカムラクニオ
   
いまだ緊迫した世界情勢が続くこの時期、色に願いが込められた作品と共に、
一瞬でも心穏やかなひと時をお過ごしいただければ幸いです。
皆様のご来店を心よりお待ちしています。
 
●ナカムラクニオ プロフィール
荻窪「6次元」主宰/美術家。日米で金継ぎや絵画の活動を展開。
2021年には山形県東根市美術館で「金継ぎアンソロジー展」を開催し、山形ビエンナーレ、東京ビエンナーレなどにも参加。
『金継ぎ手帖』『本の世界をめぐる冒険』『描いてわかる西洋絵画の教科書』『洋画家の美術史』『こじらせ美術館』など、
著書も多数。
 
※展覧会にご来店の際は、1ドリンク以上のオーダーをお願いします。
※展覧会のお休みは、「Art and Syrup」の休業日に準じます。
 
*12月に、ナカムラクニオさんによる金継ぎワークショップを開催します。
日程が決まり次第、当HPはじめSNSでご案内します。今しばらくお待ちください。

0

『はやしひなこの“いつもおいしい”』展のご案内

「Art and Syrup」では、2022年8月20日〜10月20日に
横浜を拠点に活動するイラスト作家・はやしひなこさんによる
『はやしひなこの“いつもおいしい”』展を開催します。
 
小さなキャンバスに描かれた、日々の食卓に並ぶおいしいもの。
どこか懐かしいユーモラスなキャラクターと色合いが、
なにげなく過ぎていく日常の中で感じられる
“おいしさ”と“やさしさ”を伝えます。
   
夏から秋にむけておいしいものが食卓に並ぶ季節、
店内に香るコーヒーやケーキのおいしい匂いと共に、
“いつもおいしい”イラストを味わいませんか?
皆様のご来店を心よりお待ちしています。
 
●はやしひなこ プロフィール
横浜出身。武蔵野美術大学卒業。イラスト作家。
じわじわくるかわいさを追い求めて、イラストを主とした創作活動をしている。
イベント出展等で活動を広げながら、オンラインショップで季刊ZINE『きせつのはこ』を販売中。
 
※展覧会にご来店の際は、1ドリンク以上のオーダーをお願いします。
※展覧会のお休みは、「Art and Syrup」の休業日に準じます。

0

『福本ヒデのシュルレアリスム』展のご案内

「Art and Syrup」では、2022年6月25日〜8月18日に
社会風刺コントグループ「ザ・ニュースペーパー」の福本ヒデさんによる、
『福本ヒデのシュルレアリスム』展を開催します。
 
「ザ・ニュースペーパー」での時事ネタによるコントだけでなく、
美術史にも精通し、名画を題材に政治パロディ画を制作する
「美術芸人」こと福本ヒデさんが今回選んだ題材は、
“シュルレアリスム=超現実主義”。
 
【シュルレアリスム】
心の純粋な自動現象(オートマティズム)であり、それにもとづいて口述、記述、
その他あらゆる方法を用いつつ、思考の実際上の働きを表現しようと企てる。
――アンドレ・ブルトン『シュルレアリスム宣言』(岩波文庫)より

 
20世紀前半に隆盛したこの芸術運動を福本さん流にひも解き、
自身の内面を発露した超現実主義的なシュルレアリスム絵画を展示・販売します。
 
これまでの政治パロディ画とはまた違った、無意識の内的世界を表現した作品と共に、
アーティスト・福本ヒデさんの新境地を楽しんでいただければ幸いです。
皆様のご来店をお待ちしています。
 
【福本ヒデ・ミニギャラリートークのご案内】
 
2022年7月23日(土)に、福本ヒデさんが来店され、
今回の展示作品について解説しつつ参加者の方々と語り合う、
ミニギャラリートークを開催します。
※カフェ内での福本さんによる作品解説後、「Art and Syrup」の左隣にあります「Art and Syrup plus」に移動してのトークになります。
――――
開催日時:2022年7月23日(土)<第1回>14時~14時40分 <第2回>15時30分~16時10分 <第3回>17時~17時40分 各回40分
定員・参加費:各回4名、3000円(ドリンク・ミニスイーツ付)
申込方法:件名に[7/23トーク参加]、本文に[お名前、参加人数、参加希望の回、当日連絡のつく電話番号]を明記のうえ、
plus@artandsyrup.com までメールにてお申込み下さい。定員に達し次第、申込受付を終了します。
――――
 
●福本ヒデ プロフィール
社会風刺コントグループ「ザ・ニュースペーパー」メンバー。広島県出身。
美術検定1級(アートナビゲーター)を取得し、政治風刺画をまとめた書籍『永田町絵画館』(ワニブックス刊)はじめ、
Youtubeチャンネル「福本ヒデ美術館」、自身がデザインしたオリジナルグッズを販売するサイト「FUKUHIDE‘S WORLD」など、
「美術芸人」としても多方面で活躍中。
 
※展覧会にご来店の際は、1ドリンク以上のオーダーをお願いします。
※展覧会のお休みは、「Art and Syrup」の休業日に準じます。

0

『コバヤシアケミ ジュエリーの手仕事~春から夏へ』展のご案内

「Art and Syrup」では、2022年4月16日〜6月16日(16日から22日に会期延長しました)に
ジュエリーデザイナーのコバヤシアケミさんによる
『コバヤシアケミ ジュエリーの手仕事~春から夏へ』展を開催します。
 
ハイジュエリーからコスチュームジュエリーまで、
幅広いジュエリーデザインをてがけるコバヤシさん。
会場では、植物や変形菌などをモチーフに、
ビーズクロッシェという技法でひとつひとつ手仕事により創られた
コスチュームジュエリーを展示販売します。
 
若葉や草花が瑞々しく生い茂る、春から夏に向かう季節にぴったりの
爽やかな色合いの糸で編み込まれたコバヤシさんのジュエリーと共に、
移りゆく季節の変化を楽しみませんか?
皆様のご来店をお待ちしています。
 
※展覧会にご来店の際は、1ドリンク以上のオーダーをお願いします。
※展覧会のお休みは、「Art and Syrup」の休業日に準じます。
 
●コバヤシアケミ プロフィール
ジュエリーデザイナー。神奈川県生まれ。
東京藝術大学美術学部工芸科卒業、東京藝術大学修士課程工芸彫金修了。
インハウスジュエリーデザイナーを経て、
量産と手作りをコンセプトにオリジナルデザインを展開。
素材にこだわらず、形にこだわることがモットー。

0

『multiscene展』のご案内

「Art and Syrup」では、2022年2月26日〜4月14日(7日から14日に会期延長しました)に
横浜を拠点に活動するアーティスト、細淵太麻紀さんによる
『multiscene展』を開催します。
 
店内では、複数のカットで構成されたスクエアの写真群が、
週ごとに入れ替わりながら展示・販売されます。
一つの景色でもみる視点が変わると違った印象を持つように、
異なった視点の連続したイメージが織りなす風景を体感いただければ幸いです。
皆様のご来店を心よりお待ちしています。
 
●細淵太麻紀 プロフィール
埼玉県川越市生まれ、横浜在住。
多摩美術大学にてグラフィックデザインと写真を学んだ後、
PHスタジオにて美術と建築の分野で活動。
2004年よりBankART1929の立ち上げに参画し、以降企画運営全般に携わる。
2015年頃から個人の制作活動を再開し、2017年より出版プロジェクト「現像」共同主宰。
人がものを認識する仕組みや意思決定のプロセスをひも解くことなどを基点とし、
近年は「見る」ことのメタファーとして作品制作を行なう。
主な展示に、個展「みえるものとみえないもの展」(JR四国宇和島運転区扇形車庫/2021)、
「Roadside Picnic in Taipei」(台北国際芸術村+剝皮寮歴史街区/2020)等。
 
※展覧会にご来店の際は、1ドリンク以上のオーダーをお願いします。
※展覧会のお休みは、「Art and Syrup」の休業日に準じます。

0

『織田ナツミとヒゾノミホのコーヒー展』のご案内

「Art and Syrup」では、2021年10月5日〜2022年2月20日(6日から20日に会期延長しました)に、
『織田ナツミとヒゾノミホのコーヒー展』を開催します。
 
店内では、木工の装身具作家の織田ナツミさんと、イラスト作家のヒゾノミホさんによる、
“コーヒー”をテーマにした作品が展示・販売されます。
コーヒーの香りやほろ苦さ、ぬくもりが伝わるような、ブローチをはじめとした小物やイラストと共に、
冷たい風が吹くこの冬、あたたかいコーヒーでほっと一息つきにいらっしゃいませんか?
皆様のご来店を心よりお待ちしています。
 
●織田ナツミ プロフィール
木工作家。神奈川県出身。
横浜美術短期大学(現横浜美術大学)専攻科クラフトデザインコース修了。
2011年4月から横浜・黄金町に工房を構え、【さんにん工房】として活動している。
木を使った、食べ物をモチーフにしたブローチなどの装身具を主に制作し、
神奈川や東京のイベントで作品の展示や販売を行なっている。
 
●ヒゾノミホ プロフィール
イラスト作家。神奈川県出身。
横浜美術短期大学(現横浜美術大学)専攻科イラストレーションクラス修了。
三度の飯と珈琲が好き。「LIKE」をテーマに、音楽やものの形によってミクストメディアで制作。
イベントや展示で作品を展示・販売している。
 
※展覧会にご来店の際は、1ドリンク以上のオーダーをお願いします。
※展覧会のお休みは、「Art and Syrup」の休業日に準じます。

0

『秋のきのこづくし展』のご案内

「Art and Syrup」では、2021年10月9日〜12月3日に、
『秋のきのこづくし展』を開催します。
 
店内では、フェルト作家・Monさんのハンドメイドによる、
きのこをモチーフにしたブローチや小物が展示・販売されます。
また、店主がこれまで集めてきたきのこをかたどった雑貨をはじめ、
きのこのイラストや写真などもあわせてディスプレイされ、
店内がきのこづくしで彩られます。
きのこと共に、稔りの秋を楽しみませんか?
皆様のご来店を心よりお待ちしています。
 
●Mon プロフィール
フェルト作家。東京都出身。
横浜美術短期大学(現横浜美術大学)専攻科空間プロデュースデザインコース修了。
食べ物や動物をはじめ、馴染みのある身近なものをモチーフに
フェルトに刺しゅうする小物制作を行なっている。
 
※展覧会にご来店の際は、1ドリンク以上のオーダーをお願いします。
※展覧会のお休みは、「Art and Syrup」の休業日に準じます。

0

『Life is Smell, Life is Chai展』のご案内

「Art and Syrup」では、2021年8月8日~10月7日に、
井上尚子さんと吉池浩美さんによる
『Life is Smell, Life is Chai展』を開催します。
 
においの記憶をテーマに作品制作を行なう井上さんと、
鎌倉で紅茶専門店『mimi Lotus』を営んできた吉池さんが、
”におい“の記憶からそれぞれの半生を紐解き、
記憶の素材をインスタレーションという形で展示します。
 
店内では、吉池さんが人生を共にしているチャイグラスの中に入った、
スパイスをはじめとした二人の記憶の源泉となる素材を、
手に取って嗅ぐことができます。
 
においと共によみがえる個々の記憶、
この展示を通し、自身の記憶の旅を巡ってみませんか?
皆さんのご来店をお待ちしています。
 
写真協力:青木祥子
 
*店内では、吉池さん文・写真によるZine『旅からはじまる日々のチャイ』(アートアンドシロップ発行・定価2500円)を
 限定販売します。
*9月18日(土)に本展関連イベント『Life is Smell, Life is 〇〇 ワークショップ』を開催します。
 詳細はhttps://artandsyrup.com/event14_20210918/でご確認下さい。
 
●井上尚子 プロフィール
女子美術大学大学院美術研究科版画専攻修了。
2005年文化庁芸術家在外研修員として1年間ニューヨークに滞在。現在横浜在住。
環境、文化、歴史を匂いから楽しむ「くんくんウォーク」を、
教育機関、美術館、図書館、植物館、企業、公園、空港など国内外で開催する他、
アーティストや様々な研究者、異業種の人々とコラボレーション制作も行なう。
 
●吉池浩美 プロフィール
中学生の時訪れたネパールのチャイに魅了され、紅茶屋になることを決意。
自由学園卒業後、紅茶研究家の故・磯淵猛氏に10年間師事し、
2005年鎌倉に『紅茶専門店mimi Lotus』をオープン。
13年間にわたる経営の後、原点のネパールへ拠点を移し、約1年チャイを振る舞う旅へ。
2021年秋、チャイと焼き菓子の店を信州にオープンする。
 
※展覧会にご来店の際は、1ドリンク以上のオーダーをお願いします。
※展覧会のお休みは、「Art and Syrup」の休業日に準じます。

2

『長雪恵・小林大悟 2人展-いないどうぶつ-』のご案内

「Art and Syrup」では、2021年6月7日~8月5日に、
長野でアート・マネジメント活動を展開されている山貝征典さんをキュレーターに迎え、
『長雪恵・小林大悟 2人展-いないどうぶつ-』を開催します。
 
山貝さんが審査員の一人として務められた「萱アートコンペ2020」で、
優秀賞(長さん)、奨励賞(小林さん)をそれぞれ受賞された二人の共通点は、「どうぶつ」。
日頃どうぶつを多く描く二人が、今回は「いないどうぶつ」をテーマに自由な解釈で表現し、
「Art and Syrup」の小さな空間にシンメトリーに展示します。
 
古来より人々がくり返し物語や絵画の上で描いてきた、
実際には存在しない…かもしれない「いないどうぶつ」。
「いないどうぶつ」たちは一見身近なようで、
でも自然の摂理に反しているかたちや組み合わせでもあり、
ユーモラスでありながらも違和感もあるような、不思議な魅力があります。
 
どんな「いないどうぶつ」が現れるか、
二人から生まれたそれぞれの「いないどうぶつ」をぜひご覧ください。
皆様のご来店をお待ちしています。
 
●長雪恵(おさゆきえ) プロフィール  
東京出身。多摩美術大学油画専攻卒業。美術家。
彫刻刀で削られた木板に絵具やマーカーなどで描くという、独自の画法で作品を制作。
東京や神奈川を中心に個展やグループ展を開催し、
2009年川崎市岡本太郎美術館「第12回岡本太郎現代芸術賞展」岡本敏子賞、
2017年スパイラル「SICF18」石田尚志賞をはじめ、
各公募展で受賞歴を重ねている。
長雪恵HP→https://osayukie.jimdofree.com/
 
●小林大悟(こばやしだいご) プロフィール   
東京出身。多摩美術大学日本画専攻卒業。画家・美術作家。
東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」アート・コミュニケータ第3期修了。
絵画作品の展示・発表を中心に、イラスト・絵本・ワークショップ講師など幅広く活動。
出版した絵本に『せんのりきゅう』等がある。
小林大悟HP→https://kobayaashidaigo.jimdofree.com/
 
●山貝征典(やまがいまさのり) プロフィール   
新潟出身。キュレーター、清泉女学院大学准教授。
十和田市現代美術館学芸員を経て現職。専門は芸術学、アート・マネジメント。
「軽芸術」の視点について研究中。
 
※展覧会にご来店の際は、1ドリンク以上のオーダーをお願いします。
※展覧会のお休みは、「Art and Syrup」の休業日に準じます。

0

『ちびぽろ「にぎわい商店街」へいらっしゃい!』展のご案内

「Art and Syrup」では、2021年4月10日~6月4日に、
ハンドメイドのぬいぐるみを制作する“ぽろくんfactory”こと林美和子さんの個展、
『ちびぽろ「にぎわい商店街」へいらっしゃい!』を開催します。
 
ぽろくんは、林美和子さんが2歳の時に買ってもらった
ぬいぐるみを思い出しながら作られた、クマのぬいぐるみ。
 
今回は、ちいさなサイズのぽろくんこと”ちびぽろ”が、
「Art and Syrup」内にあらわれた
さまざまなお店が並ぶ「にぎわい商店街」で皆様をお出迎えします。
 
ちびぽろがそれぞれのお店で店主をつとめる、
「にぎわい商店街」でお買い物してみませんか?
皆様のご来店をお待ちしております。
 
●林美和子 プロフィール
横浜出身。東京デザイン専門学校グラフィックデザイン科卒業。
玩具会社ヨネザワ勤務を経て、子育てをしながらハンドメイドのぬいぐるみ制作を始める。
minneのハンドメイドマーケット、デザインフェスタなどに出展。
現在ハンドメイドマーケットアプリminne、creema等で作品を販売している。
 
※展覧会にご来店の際は、1ドリンク以上のオーダーをお願いします。
※展覧会のお休みは、「Art and Syrup」の休業日に準じます。

0