アートアンドシロップ | 『はじめての金継ぎワークショップ』と『6次元×三輪舎トークセッション 世界の本屋、町の本屋』のご案内
22404
post-template-default,single,single-post,postid-22404,single-format-standard,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,boxed,select-child-theme-ver-1.0.0,select-theme-ver-4.4.1,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.7,vc_responsive

『はじめての金継ぎワークショップ』と『6次元×三輪舎トークセッション 世界の本屋、町の本屋』のご案内

「Art and Syrup plus」では、2020年3月21日(土)に、
6次元店主・ナカムラクニオさんによる『「世界の本屋さんめぐり」原画展』関連イベントとして、
ナカムラさんによる『はじめての金継ぎワークショップ』と、
三輪舎代表・中岡祐介さんをゲストに迎えての対談、
『6次元×三輪舎トークセッション 世界の本屋、町の本屋』を開催します。
皆様のご参加をお待ちしています。
 
第1部『はじめての金継ぎワークショップ』 
2020年3月21日(土)13時~16時 定員10名(申込終了しました)
参加費:4000円(材料費込、ドリンク+ミニスイーツ付)
持ち物:欠けた器や割れた器(3点まで)※ガラスや細かく砕けた器はNGです。
 
金継ぎとは、割れたり欠けたりした陶磁器を漆で接着し、
継ぎ目を金や銀などで飾る修理法のこと。
修理後の継ぎ目を「景色」と見立てて楽しむのが特徴です。
本イベントで使用するのは「本うるし」ではなく、かぶれない「新うるし」。
簡易的な方法で器を直します。
今回は、はじめて金継ぎをする方対象となります。
まだ一度も金継ぎをしたことがない方のご参加をお待ちしています。
 
++
 
第2部『6次元×三輪舎トークセッション 世界の本屋、町の本屋』
2020年3月21日(土)17時30分~19時00分 定員15名
参加費:2000円(ドリンク+ミニスイーツ付)
 
横浜の出版社、三輪舎代表・中岡祐介さんをゲストに迎えてのトークセッション。
トークセッションでは、ナカムラさんから世界各国の書店事情を、
現在横浜・妙蓮寺のまちの本屋の二階で本を作りつつ、その向かいで書店を営む中岡さんから、
町と本屋の関係についてお話しいただき、
グローバルとローカル二つの視点で、本屋さんについて皆さんと考えたいと思います。
 
●ナカムラクニオプロフィール
東京・荻窪6次元店主、映像ディレクター、山形ビエンナーレキュレーター、ライター。
著書『人が集まる「つなぎ場」のつくり方』『パラレルキャリア』『金継ぎ手帖』
『古美術手帖』『村上春樹にならう「おいしい文章」のための47のルール』他、絶賛発売中。
6次元ブログ → http://rokujigen.blogspot.com/
 
●中岡祐介プロフィール
三輪舎代表。横浜市在住。カルチュア・コンビニエンス・クラブに勤務後、2014年三輪舎を創業。
編集を手がけた書籍に『本を贈る』『ロンドン・ジャングル・ブック』など。
出版業の傍ら、2020年2月に横浜・妙蓮寺にて、生活に裏打ちされた言葉を収集する「本屋・生活綴方」を開業。
三輪舎HP → https://3rinsha.co.jp/
 
【3月21日イベント申込方法】
お名前、参加希望のイベント名、参加人数、当日連絡のつく電話番号を明記の上、
plus@artandsyrup.com までメールにてお申込み下さい。
定員になり次第、申込終了とさせていただきます。
※「Art and Syrup plus」は「Art and Syrup」の左隣にあります。
アクセスはhttps://artandsyrup.com/access-contact/でご確認下さい。